10か月以内に申告書を提出する方

相続税の申告は、10ヵ月の期限内に申告書提出及び納税が原則です。
相続代表の方が、ご高齢やお勤めの方ですと、申告はおろか、相続に関する手続きであっというまに10ヵ月は過ぎてしまいます。
その間に納税準備や遺産分割協議も行わなければならず、ご自身で申告まで行うのは、大変な労力が必要となります。
大辻税理士法人は相続専門のチームを結成し、様々な事情があるご家庭のサポートをしてまいりました。
申告が必要な方は、ぜひ私たち大辻税理士法人に任せてみませんか?

当法人の相続スケジュール

大辻税理士法人の特色

ノウハウを駆使した土地評価

相続財産を構成する割合が最も高いのは土地(約50%)であり、相続税を低く抑えるには、土地を適正に安く評価することが一番の近道です。
長年培ったノウハウを駆使し、納得いただける評価額を導き出します。

次の相続を見据えた適正な遺産分割のご提案

相続人の中に配偶者の方がおられる場合、配偶者が遺産を相続されると税金の負担はかなり抑えることが可能です。
しかし、相続税に対する厳しさが増す中、配偶者の方に相続がおこった時に、一次相続の時に先に相続税を納税しておいた方が結果として一次相続・二次相続を合計した相続税の負担が減少するケースもあります。
分割の内容に正解不正解はありませんが、限りなく正解に近い分割案をご提案いたします。

大切な財産を守るためのアフターサービス

相続税の申告・遺産の分割が決まっても、相続は終わったわけではありません。
今度は遺産を相続された方とその相続人がどう守っていくのか考えていかなければなりません。
先代の対策の見直し・税制改正による新たな対策の検討など、相続に関する情報をつねにアンテナを張り巡らせる必要があります。
我々の仕事も申告までではありません。大切な財産を守るため、私たちも協力いたします。

近畿エリア完全対応

近畿エリア(滋賀県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県)、東海エリア(三重県・岐阜県・愛知県)、福井県であれば、どこでもお受けいたします。別途追加料金はいただきません。

経営計画作成セミナー
大辻税理士法人の7つの特徴
スタッフ紹介
リクルート
毎月更新!お役立ち情報
メールマガジン登録