確定申告とは?

わたしたちは国民の義務としてさまざまな税金を納めますが、そのうちの所得税及び復興特別所得税を納める(源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などと精算する)手続が確定申告です。

所得(稼いだり年金を受け取るなどで自分のものになったお金)にかかる税金は、基本的に自分で所得金額と税額を計算し、納めることになっています。これを「申告納税制度」といいます。その年の1月1日から12月31日までの1年間の所得について計算、申告します。

サラリーマンの所得税は、会社が代行して計算し、源泉徴収という形で納めています。だから確定申告は関係ない、と思われがちですが、そうでもありません。

確定申告は所得税を納めるための手続ですが、納めすぎた税金を返してもらう手続でもあるのです。所得税を納めすぎていても、税務署は知らせてくれません。なにしろ自分から申告する「申告納税制度」ですから。

しかし申告をしなければならない人が申告しなかったり、申告期限を過ぎてから申告すると「加算税」や「延滞税」が課されて余分な税金を納めることになります。

無駄なく賢く納税するためには、確定申告について知っておくことが必要です。

所得税及び復興特別所得税のしくみ

収入から必要経費を引いただけの所得が、そのまま税金の対象になるわけではありません。家族を扶養している人の「扶養控除」、病気や怪我で多額の医療費を払った人の「医療費控除」など、所得から差し引かれるさまざまな控除「所得控除」があります。

所得税の計算は、おおまかに、

(1) 収入から必要経費を差し引いた所得の算出
(2) 所得から所得控除を差し引いた課税所得の算出
(3) 課税所得に税率を掛けた税額の算出
(4) 税額から税額控除や源泉徴収税額などを差し引いた納税額
  (赤字の場合は還付される金額)の算出

の順序で行います(下図)。

収入と所得の違い

所得について「稼いだり年金を受け取るなどで自分のものになったお金」、と書きました。稼いだお金なら「収入」ではないか、と考える方がいるかも知れません。

所得税を計算し、申告するときには「所得」と「収入」は意味が違います。

「収入」は自分のものになったお金そのものをさしますが、「所得」は「収入」から「必要経費」を引いたのをいいます。所得税は「所得」に対してかかる税金です。

たとえば1年間で「収入」が500万円あっても、「必要経費」で300万円使っていれば、税金の対象となる「所得」は200万円です。つまりお金を稼ぐために使った分には税金はかけません、ということです。

ちなみにサラリーマンの場合は、「必要経費」に当たるものとして「給与所得控除」という、あらかじめ決められた金額が差し引かれます。

資料請求・お問合せ
経営計画作成セミナー
大辻税理士法人の7つの特徴
スタッフ紹介
リクルート
毎月更新!お役立ち情報
メールマガジン登録