新規許可申請

メニュー

新規許可申請
各種変更届
法人成り
事業承継

上記のリンクをクリックすると詳細ページが開きます。

1.許可取得までの流れ

①許可要件の確認

まず始めに、許可取得が可能かどうか確認することが何よりも大事です。
「知事許可」「大臣許可」それぞれに許可要件が若干違いますので詳細に確認が必要です。

②建設業許可申請書及び添付書類の作成

申請書は基本的には「知事許可」「大臣許可」共に同じですが、都道府県によっては独自様式がありますので、詳細は各都道府県のホームページにあるマニュアルを参考にしてください。
また、「知事許可」「大臣許可」により若干添付書類も違いがありますので同じく注意して下さい。

| 滋賀県公式ホームページ | 近畿地方整備局のホームページ |

③各行政庁へ申請書の提出

滋賀県の場合は滋賀県庁監理課建設業担当へ申請書を提出(滋賀県庁新館5階)
受付日:月・水・金(休日・閉庁日等は除く)
時間:午前9:00~12:00 / 午後1:00~4::00

④A窓口審査(滋賀県知事許可の場合)

監理課建設業担当者が1枚1枚要件確認や資料確認を厳密に審査
  ↓
不備が無ければ申請手数料を納付して受付完了

⑤B窓口形式審査(国土交通大臣許可の場合)

本審査は「近畿地方整備局」が行うため、滋賀県庁監理課では、簡易チェックのみとなります

2.建設業許可を受けていなくても請負うことが出来る工事

①軽微な建設工事(建設業法第3条・建設業法施行令第1条の2)

請負金額500万円未満(建築一式工事の場合は1,500万円未満、または延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事)の工事

②附帯工事(建設業法第4条)

イ.主たる建設工事を施工するために必要な他の従たる建設工事
  (例)屋根工事における塗装工事、管工事における熱絶縁工事等

ロ.主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事であって、それ自体が独立の使用目的に供されるものではない工事
  (例)電気工事の施工により生じた内装仕上工事
     建具工事の施工により生じたっ左官工事等
※附帯工事の金額が主たる建設工事の金額を上回ることは原則ありません。

今なら当事務所へのお問い合わせ経審シミュレーション無料診断
資料請求・お問合せ

上記のリンクをクリックすると建設業コンサルティングトップページに戻ります。 

経営計画作成セミナー
大辻税理士法人の7つの特徴
スタッフ紹介
リクルート
毎月更新!お役立ち情報
メールマガジン登録