人材・組織診断

人材の採用・育成・配置を客観的・視覚的に分析。
人と組織のベストマッチをサポートします。


当事務所では、採用支援と人材育成支援の一環として、「人材・組織判断サービス CUBIC(キュービック)」をご提供しております。

CUBIC(キュービック)の主な特徴
CUBIC(キュービック)の診断内容
  採用診断
  現有社員診断
  組織活力測定
  診断分析
CUBIC(キュービック)の診断結果サンプル
人材に関する客観的・視覚的資料をご紹介します。
弊社ならでは! 各種規定への展開、具体的な活用方法のご提案
CUBIC(キュービック)は診断結果だけでも十分ご経営に活用いただける内容ですが、
大辻なら経験豊富な人事分野専任者が、ご経営者様のニーズに応じて様々なフィードバックを行います。

CUBIC(キュービック)の特徴

・検査は初めてでも簡単に取り組めるもので、およそ20~30分で完了。面接や面談に組み込むことが可能です。
・低コストでご利用いただけます。
・被験者に質問の意図がわかりづらい設問構成で、個人の気質、資質を正確に測定します。
・分析結果には、シンプルな表現と、表やグラフ、イラストなどの視覚資料を用い、分析内容の把握が容易です。
・現有社員データは労務管理にも活用できます。
・社員全員が検査を受けることで、自社やチーム全体の組織活力測定ができます。
・自社で活躍している人を分析し、自社の採用基準を作ることができます。

CUBIC(キュービック)の主な診断内容

採用診断

人の内面的な性格や能力を、面接等のわずかな時間で十分に知ることは不可能です。

CUBICの適性検査は、見た目では判断できない個人の価値観や感情、人格等の本質の部分―――協調性や自主性、感情の安定性などの基礎的な社会性があるか、意欲・やる気のポイントをはじめ、仕事に立ち向かう姿勢、組織への適応力があるか等、多様なパーソナリティを数値化、採用判定の客観的資料となります。

また、個々の要素の組み合わせによって、第一印象の真実性、早期退職の可能性、チームプレイへの関心度など、組織で活躍出来るか否かの判断をサポートいたします。

現有社員診断

日常接する社員に関しても、社内コミュニケーションだけでは、潜在的な傾向や能力、現状に対する満足度ややる気を知ることは困難です。

CUBICの現有社員診断は、個人の性格、習慣や行動、能力に加え、現在の仕事に対する充足度、やる気を明らかにします。

診断結果は、個々の従業員に見合った教育研修(能力開発)や人事異動(配属)、人事面談等の客観的資料としてご活用いただけます。

組織活力測定(現有社員診断オプション)

企業の安定的成長のためには、将来を見据えた変化と対応が求められます。

給与体系や福利厚生は完備されているか、社員相互の意思疎通は円滑に流れ、仕事が楽しくおこなわれているか、管理職クラスの忠誠心と職務行動リンケージ、および若者クラスの能力主義に答えられるような健全組織であるか、上司・同僚・部下における組織内の人間関係はどうかなど、日常業務では表面化・共有化しづらい組織の現状と問題点が、客観的データとして分析されます。

診断分析(現有社員診断オプション)

診断分析(現有社員診断オプション)

企業には独自の風土があり、一般的に言われる優秀な人が、御社でも活躍するとは限りません。自社が必要とする能力、人物像を見極め、それに合致する人材を探す必要があります。

CUBICは、現有社員の統計を基に、「活躍できる採用基準」を作成することが可能です。独自の採用基準に照らし合わせた採用をすることで、個人と組織のベストマッチングが図れます。また定期的に実施することで、目に見えない内面的な成長、やる気への気づき、悩みに陥っている社員の早期発見、フォローに役立てることも可能です。

CUBIC(キュービック)の診断結果サンプル

CUBIC(キュービック)の診断結果サンプル
CUBIC(キュービック)の診断結果サンプル
①パーソナリティ気質・態度・性格など変化しにくい資質部分を分析します。
②関心事・興味領域どういう方向に興味をもち、馴染んでいるのかを5タイプに分類しています。
③信頼係数回答に矛盾があるかどうかを表します。
④社会性職場での能力発揮度合いを分析します。
⑤意欲・ヤル気本人のモチベーションの所在を分析します。
⑥性格特性本人の特性傾向がどちらの方向に位置するかをビジュアル的に表します。
⑦心の顔性格から逆算した「心の顔」を表します。
⑧自己評価「あなたは積極性がありますか」など直接的な16個の質問によって結果がでます。
⑨定着性・安定性「モラトリアム傾向」「勤労意欲」と組み合わせることで離職可能性が分かります。
⑩職務別適応性職務別の活躍する可能性(%)を表します。適性が一目でわかります。
⑪職務傾向職務の傾向を表します。
⑫職業興味領域大まかな職業興味領域を5段階で表します。
⑬配置適性116項目の中から、適性の高い順に6つ、低い順に5つを5段階で表します。
⑭配置適性230項目の中から、適性の高い順に6つ、低い順に5つを5段階で表します。

弊社ならでは! 各種規定への展開、具体的な活用方法のご提案

御社にマッチした人材像がくっきりと見えてきたら、ぜひとも就業規則や人事評価制度、給与体系に活かしてください。

法令順守はもちろんですが、ご経営者様の思いを就業規則に盛り込みます。会社と従業員さんの約束事ですから、就業規則がないのは、守るべきルールがないのと同じです。社の方針やルールを既製品でまかなわず、御社にマッチしたルールを決めていきます。ご経営者様一人で考えるのは大変ですから、法定のもの、選択できるもの、その思いはこの条文に込めましょう、を一緒に考えていきませんか?
「事業のことを、社長よりも熱く語れる人材」が現れる土壌の構築を全力でサポートいたします。

経営計画作成セミナー
大辻税理士法人の7つの特徴
スタッフ紹介
リクルート
毎月更新!お役立ち情報
メールマガジン登録