M&Aコンサルティング

M&Aとは

M&Aとは、事業の合併と買収(Merger & Acquisition)の略語であり、会社全体の合併・買収、部門売却、営業権の譲渡、資本提携など、広い意味での「企業提携」を意味します。企業買収というとあまり良いイメージをお持ちでない方もおられるかもしれませんが、欧米では広く行われている戦略的経営手段です。

  • 会社の後継者がいないので廃業・清算を考えている
  • 会社を安定させるために資本力が欲しい
  • 新しい事業を展開し、業容を拡大したい
  • 必要な人材やノウハウを獲得したい

このようなお考えをお持ちの皆様はM&Aの実行を考えてみられてはいかがでしょうか?

弊社では、「株式会社 日本M&Aセンター」との提携により、お客様のM&Aに対する素朴な疑問から、将来を見据えたM&Aへの取り組み、実行にいたるまで、丁寧に対応いたします。

M&Aのメリット

会社を売却するメリット

  • 会社の財務や社員の生活が安定
    一般的に、買い手企業の多くは中堅企業や上場企業であり、資本参加を受け入れることにより、会社の財務や社員の生活も安定します。

  • 後継者がいない場合の後継者対策に
    後継者がおらず、廃業してしまえば、今まで会社を育ててきた努力が無駄になってしまいます。自社を売却することにより、会社を存続させることができます

会社を買収するメリット

  • 新規の事業展開が機動的に
    新規の事業展開を、一から行えば膨大な時間と労力がかかります。その結果、適切なタイミングを逃し、大きな損失を招きかねません。既存事業を買収することで、機動的な事業展開、業容拡大が可能となります。

  • リスクの少ない投資
    新規事業展開を一から行うためには、様々な調査・開発等、莫大な資金と時間が必要であり、さらに失敗のリスクも持っています。それに対し、M&Aでは当該企業の現在の状況から、買収後の事業展開をある程度予測することができますので、新規事業展開のリスクを軽減できます。

一般的なM&A実務手順

経営計画作成セミナー
大辻税理士法人の7つの特徴
スタッフ紹介
リクルート
毎月更新!お役立ち情報
メールマガジン登録